家出したときに鍛えられた少女時代

アクセスカウンタ

zoom RSS 大手

<<   作成日時 : 2009/11/27 21:18   >>

トラックバック 0 / コメント 0

トヨタ自動車は27日、10月の国内新車販売台数(グループのダイハツ工業と日野自動車を除く単体ベース)が前年同月比14.8%増の13万7700台となり、国内市場(軽自動車を除く)のシェア(市場占有率)が単月では過去最高の52.2%となったと発表した。国のエコカー減税や新車買い替え補助制度を追い風に、ハイブリッド車(HV)「プリウス」や小型車の販売が好調だったのが主因。従来の月間シェアの過去最高は、07年10月の51.6%だった。

 10月はプリウスの販売が前年実績の4倍以上の2万6919台を記録し、シェア向上をけん引。加えて、エコカー減税対象の小型車「ヴィッツ」や「パッソ」なども前年実績を上回る売れ行きを示した。ただ、看板車種だったカローラやHV以外の大型・高級車は販売低迷が続いている。

だって!この不景気のなかすごいよね!やっぱり大手はちがうなぁ。

月別リンク

大手 家出したときに鍛えられた少女時代/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる